安全管理

綾川町立学校の災害発生時緊急対応規定

綾川町では、町立学校について、台風や大雨などの災害が発生した場合の対応を下記のように定めています。
緊急の場合には防災無線や綾川町メールでもお知らせをいたしますが、原則は下記のとおりですので、あらかじめご承知いただき、対応をお願いいたします。

1 児童生徒登校前の対応

午前6時の町防災無線放送等の内容に従って行動する。

基本的な考え方

  1. 香川県全域、中讃地域、綾川町に、暴風、大雨、洪水警報が発令されている場合は、『自宅待機』とする。
  2. 午前10時までに警報が解除された場合は、町防災無線放送の指示に従い登校する。(ただし、午前7時以降に解除の場合、給食は中止となり、午前授業)午前10時までに解除されない場合は、臨時休校とする。
  3. 警報が発令されていない場合であっても、局地的に危険状態が発生し、通学が困難と保護者が判断したときは、学校に連絡し、指示を受ける。
  4. 地震及び降雪時の対応は、町防災無線放送より行う。

※警報発令の場合、午前6時に防災無線放送で対応について放送します。

2 児童生徒登校後の対応

児童生徒への学校の対応状況は、町防災無線放送によって保護者に通知する。

基本的な考え方

  1. 香川県全域、中讃地域、綾川町に、暴風、大雨、洪水警報が発令されている場合は、『学校待機』とする。
  2. 児童生徒の下校は、『警報解除後』とする。やむなく警報下に下校させざるを得ないと校長が判断したときは、保護者の保護の下か、教職員の十分な指導のもとに下校させる。
  3. 局地的に発生した災害の状況については、町防災本部の情報や地区住民の情報等をもとに必ず現地確認を行い、安全性を確かめて下校させる。

※児童生徒への学校の対応状況は、防災無線放送によって保護者に通知します。

3 備考

  1. 町防災無線放送による指示内容は、『臨時休校』『自宅待機』『注意して登校』の3種類とする。
  2. 大雪警報は、農作物、交通機関、送電関係への警報が中心であるので、児童生徒への指示は、町防災無線放送による指示のみとする。